Espoonlahden vesitorni

 
1994年に建てらたエスポーンラハティ貯水塔の貯水量は8000立方メートルです。



所在 : エスポー
   
 
 
 
 

 
 
 

Hangon vesitorni

 
1941年、ハンコの貯水塔がソビエトの軍隊に破壊され、翌年の1942年から1943年に掛けて、前の塔と同じバルティオブオリの丘の上に、現在のハンコ貯水塔が建築されました。塔の高さは48メートルで、500立方メートルの水を貯えることが出来ます。

所在 : ハンコ
   
 
 
 
 

 
 
 

Jylpyn vesitorni

 
1953年に建築されたユルップ貯水塔の貯水量は3000立方メートルです。



所在 : コトカ
 
 
 
 

 
 
 

Kirkkonummen vesitorni

 
1000立方メートルの水を貯えられるキルッコヌンミ貯水塔は1973年に建築されています。



所在 : キルッコヌンミ
 
 
 
 

 
 
 

Lohjan aseman vesitorni

 
1966年建設のロフヤン・アセマ(ロフヤ駅)貯水塔は、1000立方メートルの貯水量があり、32メートルの高さがある塔の地面から20メートルの部分は、以前カフェとして使用されていました。現在は何らかの娯楽施設に改造するなど、色々な計画が話し合われています。

所在 : ロフヤ
 
 
 
 

 
 
 

Maarianhaminan vesitorni

 
500立方メートルの水を貯えられるマリエハムン貯水塔は、1956年にブードゥフースベルゲットの丘の上に建築されました。塔からはオーランドの自然のすばらしい眺めを堪能出来ます。



所在 : オーランド
 
 
 
   

 
 
 

Nikkilän vesitorni

 
1950年に建築され、2004年の春に取り壊されてしまったニッキラ貯水塔の貯水量は500立方メートルありました。

所在 : シポー
 
 
 
 

 
 
 

Otaniemen vesitorni

 
オタニエミ貯水塔は1971年に建てられました。貯水量は6000立方メートルで、塔の高さは52メートルです。



所在 : エスポー
 
 
 
 

 
 
 

Tammelan vesitorni

 
とても簡素な外観のこの塔は、1975年に完成し、2003年に修復された、300立方メートルの貯水が可能なタンメラ貯水塔です。この塔の隣には、昔を偲ぶ目的で、小さな赤レンガの古い貯水塔が現在も残されています。

所在 : タンメラ
 
 
 
 
 

 
 
 

Tammisaaren vesitorni

 
2000立方メートルの貯水量があるタンミサーリ貯水塔は、1977年に完成しました。

所在 : タンミサーリ
 
 
 
 
 

 
 
 

Tikkurilan vesitorni

 
バンターのヒエッカハルユにあるティックリラ貯水塔は、1962年に建てられた以前の貯水塔に手を加える形で、1980年に完成しました。6700立方メートルの貯水が可能な塔は、40メートルの高さの8本の柱に支えられています。

所在 : バンター
 
 
 
 
 

 
 
 

Uudenkaupungin vesitorni

 
ムッルマキ公園にあるウウシカウプンキ貯水塔は1953年に完成しました。貯水量は500立方メートルです。

所在 : ウウシカウプンキ
 
 
 
 

 
 
 

Virkkalan vesitorni

 
1962年に完成したビルッカラ貯水塔はロフヤのファティヤにあり、700立方メートルの水を貯えることが出来ます。



所在 : ロフヤ
 
 
   
前のページ        貯水塔        次のページ


ホーム

Photographs and images may not be used without our written permission.
著作権 © Muuka.Com, All Rights Reserved.