Suomen Joutsen

 
スオメン・ヨウツェンは3本マストの鋼鉄製全装帆船で、1902年にフランスで進水しました。第一次世界大戦中は、ヨーロッパとアメリカの間を行き来する輸送船として使用されています。1930年にフィンランドに買い取られた後は訓練船として使用され、1931年にスオメンヨウツェン(フィンランドの白鳥)と改名されました。
現在はトゥルクで一般に公開されています。


所在 : トゥルク
 
 
 
 

 
 
 

Keihässalmi ja Karjala

 
機雷敷設艦であるケイハッサルミは、1957年にヘルシンキで造られました。コルベット艦に分類される小型砲艦のカルヤラは、1968年に完成し、2002年より公開されるようになりました。ケイハッサルミは1994年より一般公開されています。



所在 : トゥルク
   
 
 
 
 

 
 
 

Pommern

 
4本マストの鋼鉄製バーク船であるポンメルンは、1903年にスコットランドで進水しました。当時はギリシャ女神の名を取り、ムネーメと呼ばれていましたが、後にポンメルンと改名されています。ヨーロッパと南アメリカの間を行き来する輸送船としても使用されました。現在はマリエハムンで一般に公開されています。


所在 : オーランド
 
 
 
   

 
 
 

Linden

 
木製スクーナー船、リンデン起源となる1920年代に造られたリンデンを元に1991~1993年に造られました。マリエハムンでレストランとして使用されています。


所在 : オーランド
 
 
 
 

 
 
 

Albanus

 
アルバヌスは起源となるオーランドのガリー船、1904年に造られたアルバヌスの設計を元に1980年代に造られました。1988年に進水し、主に若者を対象とした巡回船として使用されています。アルバヌスの母港はマリエハムンにあります。


所在 : オーランド
 
 
 
 

 
 
 

Urho ja Sisu

 
砕氷船のウルホは1975年に、シスは1976年に完成しました。砕氷船はフィンランド海事管理局に所有されています。



所在 : ヘルシンキ
 
 
 
 

 
 
 

Kathrina

 
カトリナは1947~1949年にペルナヤで造られました。元々は3本マストのガリー船でしたが、後にスクーナー船に改造されています。現在は主に、夏季に貸切用巡回船として、冬季はヘルシンキでレストランやカフェとして使用されています。


所在 : ヘルシンキ
 
 
   
前のページ        その他        次のページ


ホーム

Photographs and images may not be used without our written permission.
著作権 © Muuka.Com, All Rights Reserved.