= 博物館
= ホテル
= パーティ&会議場
     


 
 

Suitian kartano (Svidja gård)

 

 
所在 : シウンティオ
15世紀から歴史に登場するスイティア邸は、1420年に荘園として認定されました。このお城風邸宅の最初の建築は、1540~1545年に行われましたが、1730年にロシアによって破壊され、新しく建てられた木造の建物が本邸として使用されるようになります。その木造建築が1758年の火災によって崩壊した後、御殿の修復が行われ、1761年の完成後、再び荘園の本邸としての役割を果たすようになりました。現在の外観は、1898~1899年の改装に向けて中世のお城をイメージしてデザインされたもので、時代を反映してネオゴシック建築の要素も含まれています。建物を取り巻く庭園の歴史は1540年に遡り、フィンランドで記録が残されているものの中では一番古い庭園です。現在、荘園はヘルシンキ大学に所有され、夏季の土曜日には一般に公開されています。

   
 
 
 
 
   


ホーム

Photographs and images may not be used without our written permission.
著作権 © Muuka.Com, All Rights Reserved.