= 博物館
= ホテル
= パーティ&会議場
     


 
 

Olkkalan kartano

 

 
所在 : ビヒティ
用途 :
14世紀からの歴史を持つオルッカラ邸は、ビヒティ周辺で一番大きな荘園です。1843~1845年に建築されたエンパイア様式の邸宅は、現在、カフェやレストランとして使用され、会議やパーティーの開催地として人気があります。
 
 
 
 

 
 
1770年に完成し、本邸として使用されていたこの建物は、現在、博物館として公開されています。この建物に施された室内装飾の中で、最も重要であった18世紀終わり頃制作の壁紙は、セウラサーリ野外博物館へ移転されてしまい、現在はそのコピーが残されています。
 
 
 

 
 
この1819年に完成した古典主義建築の穀倉は、カールエンゲルの前任者であるC.バッシによってデザインされたと言われています。現在、この建物はギャラリーとして使用されています。
 
 
 
 
 
   


ホーム

Photographs and images may not be used without our written permission.
著作権 © Muuka.Com, All Rights Reserved.