= 博物館
= ホテル
= パーティ&会議場
     


 
 

Mustion linna

 

 
所在 : カルヤー
用途 :
17世紀に設立されたムスティオ荘園の邸宅は、現在博物館として公開されています。1783~1792年に建築されたこのお城には、現在では国内殆どの建物で採用されている二重ガラス窓がフィンランドで初めて使用され、デザインの主となった新古典主義の他にも、幾つかの建築様式の要素が見られます。
 
 

 
 
 
 
 

 
 
邸宅横に位置するこの白い建物は、1840年に建築され、1867年に増築されました。穀倉と同じネオゴシック建築である城門と車両倉庫は1850年代に建てられ、その他の付属建築物は18世紀の初頭から19世紀後半に掛けて建築されています。
 
 

 
 
高い丘の上に建つこのお城風の建物は、19世紀半ばに建築されました。20世紀初めに老朽化の為に崩壊しましたが、2001年に建て直されています。
   
 
 

 
 
本邸を囲むように造られた大きな英国式庭園では、綺麗に配置された石像や水上に建てられた休憩所などを見ながら散策を楽しむことが出来ます。庭園内に点在する建物は、現在はホテルやレストランなどとして使用されています。
 
 
 
 
 
   


ホーム

Photographs and images may not be used without our written permission.
著作権 © Muuka.Com, All Rights Reserved.