Carl Ludvig Engel (1778-1840)

 

19世紀のフィンランド建築上、最も著名な人物であるカール・ルードヴィッヒ・エンゲルは、ドイツ、ベルリン生まれの建築家です。1816年にフィンランドへ移る以前には、市の建築家として働いたエストニアのタリンや、ロシアのセント・ピーターズバーグで仕事をした経歴を持ちます。1816年から1824年の間、エンゲルはヘルシンキの公共建築物をデザインする役目を担う再建委員会の設計士として働き、その後、フィンランドの公共建築を管理する責任者に任命され、1840年に亡くなるまで、その職務を果たしました。

エンゲルの建築デザインにおいて主要であったエンパイア様式は、パラディオ式新古典主義の変形であり、ローマの神殿に似て、円柱や壁柱、ペディメント、建物外面の調和の取れた色彩を重要視しています。彼の公共建築管理責任者としての在職期間中に、エンパイア建築は当時のフィンランド建築に多大な影響を及ぼし、フィンランドにおける優良建築の手本となりました。

 

その為、エンゲルは都市デザイン事業の責任者という大役を任され、彼の最も重要な仕事であり、長い歳月を費やして設計されたヘルシンキ大聖堂は、現在のヘルシンキで最も有名な建築物となっています。


ヘルシンキ大聖堂
1830-1852
 
以下にエンゲルがデザインした建築物の幾つかをご紹介します。

ブオヨキ邸
1836
サンナス邸
1836-1837
ヘルシンキ聖三位一体教会
1825-1826
トゥルク正教教会
1839-1846
 
 
ヘルシンキ大聖堂の説教壇
1830-1852
トゥルク大聖堂の祭壇
1830s
タンペレ旧教会の鐘楼
1828-1829
テレスケンダ邸の穀倉
(ネオゴシック様式)
1820s
 
 
   
テレスケンダ邸の東屋
1820s
モイシオ邸の休憩所
cir. 1830
   
 
 
 
 
   

 

Josef Daniel Stenbäck (1854-1929)

 

建築家であり工学者でもあったヨセフ・ステーンベックは、当時最も多作な教会デザイナーとして活躍し、35件の教会と、数十件の教会改装のデザインを手掛けています。彼の教会建築は、木材、レンガ、石材、プラスターといった外壁資材によって四つのカテゴリーに分類され、その中でも石材を使用した重量感のあるデザインは彼の作品の典型です。
フィンランド・ロマン主義やアールヌーボーの建築家として有名なステーンベックですが、
初期に手掛けた後期ネオゴシック建築の作品にも、他の建築家のデザインとは違った
独特な趣があり、とても見ごたえがあります。

 
 
 

コトカ教会
(ネオゴシック様式)
1897-1898
ポリのユセリウス霊廟
(ネオゴシック様式)
1903
サウボのカルナ教会
(フィンランド・ロマン主義)
1908-1910
プハランタ教会
(フィンランド・ロマン主義)
1907-1909
 
 
 
 
 

 

Ilmari Launis (1881-1955)

 

公共建築課の建築士であったイルマリ・ラウニスは、ヨセフ・ステーンベックと共に20世紀前半のフィンランド教会建築において卓越した地位を築きました。16件の教会を含む多くの教会関連建築物をデザインしたラウニスは、ステーンベックと並んで当時のフィンランドで最も多作な教会デザイナーの一人として知られ、幾つもの祭壇画やステンドグラスも制作しています。流行に影響される事無く生涯を通じて貫かれた彼のデザイン様式は、幾つかの有名な建築様式の要素を取り入れて生み出された彼のオリジナルです。

 
 
 

   
カルボラ教会
1919-1921
ポルナイネン教会
1924
   
 
 
 
 
   

 

Lars Eliel Sonck (1870-1956)

 

ミカエル教会
1899-1905

ラールス・ソンクは、フィンランド・ロマン主義建築において最も著名な建築家の一人です。彼は1894年に行われたトゥルク・ミカエル教会の設計コンペティションを、23歳の学生でありながら勝ち抜いた事で一躍有名になります。ソンクを優勝に導いたネオゴシック建築のデザインは、建設中に彼自身の手によってアールヌーボーの要素を取り入れた物に細部修正されました。1900年に行われたタンペレ・聖ヨハネ教会(現タンペレ大聖堂)の設計コンペティション優勝作品は、後に彼の代表作となります。

 

ソンクは在職期間を通じて、教会、居住用建築物、ログハウス、
官公庁などの設計を手掛ける傍ら、都市計画の準備も進めました。
彼の有名な作品の多くは、その建築家としての地位を確立させた
アールヌーボー建築デザインですが、後期の作品には古典主義の
要素も見られます。


タンペレ大聖堂
1902-1907
 
 

カッリオ教会
1908-1912
ミカエル・アグリコラ教会
1933-1935
マリエハムン教会
1926-1927
聖ヤコブ教会
1928
 
 
   
ビルネース邸
1916-1917
ランタホテッリ
1917
   
 
 
   


ホーム

Photographs and images may not be used without our written permission.
著作権 © Muuka.Com, All Rights Reserved.