6つの島の上に建てられ、完成までに40年の月日が費やされたスオメンリンナの建設は、1748年にスウェーデンによって始められました。1808年にロシアの手に落ちた要塞は、その後110年の間、同国の占領下に置かれていました。建設当初はスウェーデンの要塞という意味で、スブェアボリ(フィンランド語ではビアポリ)と呼ばれていましたが、フィンランドがロシアから独立した翌年の1918年、スオメンリンナ(フィンランドの城)と言う名前に正式に改められました。1991年にはユネスコの世界遺産として登録され、現在では人気の観光地となり、ヘルシンキ港からフェリーが一年を通じて運航されています。

 
所在 : ヘルシンキ
建設 : 1748年
 
 
 

 
1936年にフィンランドに買い戻され、ベシッコと改名されたこの潜水艦は、1933年にトゥルクでドイツの為に作られ、第二次世界大戦で使用されました。現在では唯一存在するフィンランド製の潜水艦です。
 
 

 
今日、スオメンリンナの象徴となったキングズゲートは、1753~1754年に建設されています。
   
 
 
   
前のページ        要塞一覧        次のページ


ホーム

Photographs and images may not be used without our written permission.
著作権 © Muuka.Com, All Rights Reserved.