ブーマルスンド要塞の建築はオーランドがロシアの領土だった1832年に始められました。 巨大な主要要塞と共に、14の塔が砦として建てられる予定でしたが、その内3つのみが完成しています。クリミア戦争中のイギリス・フランス同盟軍による攻撃で、要塞が完璧に破壊された後、オーランドは非武装化地域となり、それは現在も変わっていません。ブーマルスンドは今日のオーランドで、最も重要な歴史遺産の一つです。

 
所在 : オーランド
 
 
 

 
ブーマルスンド要塞の一番北に位置し、1845年から1848年の間に建築されたノトビック塔の史跡は、沢山の大砲と共に現在も残されています。もう一つの砦であった塔と、主要要塞の残骸も見る事が出来ます。
 
 
 
   
前のページ        要塞一覧        次のページ


ホーム

Photographs and images may not be used without our written permission.
著作権 © Muuka.Com, All Rights Reserved.