Pyhän Laurin kirkko (Helsingin pitäjän kirkko)

ヘルシンキ周辺で最も古い建物である聖ローレンス教会の建設時期には色々な説があり、最も広く信じられていたのは、1480年代建築で、1494年に聖別されたと言う物でしたが、近年の研究結果では、1460年頃に建てられたと言う説が有力です。この長方形教会建築が建設される前には、古い木造教会が建てられていました。1893年の火災による大被害を修復していた1894年には、ミヤマガラスが建物内に作った巣への通路を塞がないように工夫がなされ、現在も見ることが出来る丸形の窓が作られました。ネオゴシック様式の教会内には、500人収容することができます。鐘楼は17世紀に建設され、建築当時木造であったその上部は、1850年代にレンガ造りの外観に変えられています。

バンター

     




   


ホーム

Photographs and images may not be used without our written permission.
著作権 © Muuka.Com, All Rights Reserved.