Pyhän Laurin kirkko (Perniön kirkko)

1480年頃に聖ローレンス教会が完成したこの場所には、以前、14世紀に建築された木造教会があったと言われています。15世紀終わりに描かれた壁画に飾られた室内では、1703年作の祭壇画を見ることができ、1865年に造られたネオゴシック様式の説教壇は、1963年に現在の位置に移されました。鐘楼の建築は1746年に行われています。

ペルニオ

 
   
 
 

 
 
1820年代に建築された穀倉は、1896年に増築されています。
   




   


ホーム

Photographs and images may not be used without our written permission.
著作権 © Muuka.Com, All Rights Reserved.