Paraisten kirkko

パライネン教会の1656年に寄贈された最初の説教壇は、現在、フィンランド国立博物館で見ることが出来ます。教会内に置かれている説教壇はそのコピーで、アーモス・アンダーソンによって寄贈されたものです。13世紀に最初の建築が行われたアグリコラ礼拝堂は、スウェーデン語が主流であった17世紀終わりに、フィンランド語系教会となるために増築され、現在は教会博物館として使用されています。パライネン教会の建物は14世紀の初めに建設され、聖シモンに奉納されました。室内の壁画は1486年に描かれ、祭壇部分は1666年に建築されています。

パライネン

 
 
 

 
 
 
 
 
鐘楼のルネサンス建築の要素を含む木造部分は、18世紀初めに建設されました。1929~1930年建築の告別式用礼拝堂は、エリック・ブルグマンによってデザインされています。写真の霊廟は1819年に建てられ、教会の向かい側にあるネオゴシック様式の霊安所は、1880年に建築されています。

 
 
 




   


ホーム

Photographs and images may not be used without our written permission.
著作権 © Muuka.Com, All Rights Reserved.