Uspenskin katedraali

西欧で最も大きな正教教会であるウスペンスキ大聖堂は、アレクセイ・ゴルノスタヤブによってデザインされたロシア・ビザンティン建築で、16世紀に建てられたロシアのモスクワ近くにある古い教会を手本に設計されています。1862~1868年の建築時には、1854年のクリミア戦争で破壊されたオーランドのブーマルスンド要塞から運ばたレンガが使用されました。その丸天井は4つの巨大な御影石で出来た柱によって支えられ、キリストとその12使徒を表す13の金色の玉ねぎ形の尖塔が、教会の外観に彩を与えています。

ヘルシンキ





   


ホーム

Photographs and images may not be used without our written permission.
著作権 © Muuka.Com, All Rights Reserved.