Karunan vanha kirkko

1685~1686年に建築されたカルナ旧教会は、セウラサーリ野外博物館にある最も古い建物です。元々はサウボにあるカルナ荘園の付属教会として建築されましたが、教会に飾られている油絵の譲渡を目的に、教会建物群全体が1912年にヘルシンキへ移築されています。教会内部にはその11の油絵の他に、1680年代に製作された説教壇などがあります。鐘楼が1767年に建築され、教会の建物も1773~1774年に修改築されています。

ヘルシンキ

 
 

 
 




   


ホーム

Photographs and images may not be used without our written permission.
著作権 © Muuka.Com, All Rights Reserved.