Kallion kirkko

ラールス・ソンクによってデザインされ、フィンランド・ロマン主義からアールヌーボーへの変遷を象徴するカッリオ教会は、1908~1912年に建てられました。1100人を収容する室内には、1956年に描かれた祭壇画とともに、フィンランドで唯一、バロック様式とフランス・ロマン主義の2つのオルガンが置かれ、教会の7つの鐘は、ジャン・シベリウスによって作曲された旋律を奏でます。カッリオ教会はヘルシンキで一番長い直線道路の終わりに位置し、その塔は市内の至る所から見ることが出来ます。

ヘルシンキ

 
   




   


ホーム

Photographs and images may not be used without our written permission.
著作権 © Muuka.Com, All Rights Reserved.