= 博物館
= ホテル
= パーティ&会議場
    

Aino Ackten huvila

 

 
所在 : ヘルシンキ
用途 :
テオドー・デッカーによってデザインされたアイノ・アクテ別邸は、1877年に完成したネオルネサンス建築です。1904年から1944年まで、有名なソプラノ歌手、アイノ・アクテの別荘として使用されていた為、今もその名前で呼ばれています。現在は市によって所有され、文化行事などに使用されています。
   
 
 
 
 

 
 
 

Kaivopuisto

 

 
所在 : ヘルシンキ
E.B.ロールマンにデザインされたカッリオリンナは、1840年代に完成し、1860年代に写真右側の翼部分が増築されました。現在は個人住宅として使用されています。
 
 

 
 
クライネ別邸は、カイボフオネの所有者であったルイース・クライネの住居として、1839年に建てられたエンパイア様式の建物で、カイボプイスト公園に現存する一番古い邸宅です。その後の増築によって外観が変わり、現在見られるデザインは1929年の改装によるものです。
   
 
 

 
 

 
用途 :
1869年に建築されたクーグナエウス別邸は、J.W.メーリッツによって設計されています。フレデリック・クーグナエウスによって国に寄贈された建物は、彼の美術コレクションとともに画廊として1882年より一般に公開され、フィンランドで最も古い美術館の一つとなっています。
 
 

 
 
1869年に建築されたこの建物はの現在の外観は、1922年の改築によるものです。
 
 

 
 
テオドー・デッカーによってデザインされたこの別荘は、1883年に建築されています。
   
 
 
 
 

 
 
 

Kässän talo

 

 
所在 : ロフヤ
カッサ邸の歴史は18世紀終わりに遡ります。時にビルッカラ・マナーハウスと呼ばれる現在の本邸は、1888年に完成したと言われるネオルネサンス建築です。1930年代から1968年に病院として使用され、現在は町の所有となり、文化行事や美術品展示の為に使用されています。
   
 
 
   
前のページ        注目の建築物        次のページ


ホーム

Photographs and images may not be used without our written permission.
著作権 © Muuka.Com, All Rights Reserved.