= 博物館
= ホテル
= パーティ&会議場
    

Aulanko

 

 
所在 : ハメーンリンナ
アウランコ公園の歴史は1883年にフーゴ・スタンデルトショルドがカールベルグ荘園を買った事に由来します。1883年から1910年に掛けて、彼はこの地域に英国風庭園を築きました。公園の多くの建物は20世紀初めに建設され、木々の大部分は1930年代に植林されています。アウランコ公園はハメーンリンナ城の対岸にあり、現在は自然保護区に指定されています。
 
 

 
 
この城跡風の建物はラウニオリンナと呼ばれ、夏季に野外劇場として使用されます。
 
 
 

 
 
展望台は1907年に建築されました。塔の高さは33メートルあり、夏にはカフェも開店します。
 
 

 
 
左の写真の建物はOnnentemppeli(幸運の宮)と呼ばれ、ラウニオリンナの近くで見る事が出来ます。右の写真の建物、ネオゴシック様式で建築されたルースラークソ・パビリオンは、湖の隣りに位置しています。アウランコ公園の中で、今日まで現存している唯一のパビリオンです。
 
 
   
前のページ        注目の建築物        次のページ


ホーム

Photographs and images may not be used without our written permission.
著作権 © Muuka.Com, All Rights Reserved.